ゆうちょ銀行でデビットカードは作れる?

ゆうちょ銀行でデビットカードは作れる?

ゆうちょ銀行では、VISAやJCBのブランドデビットカードは作れません。ただし、日本国内のお店で使えるJ-Debitなら、キャッシュカードに付帯しています。

 

J-Debitの特徴とブランドデビットとの違いを確かめておきましょう。

 

ゆうちょ銀行のデビットカードは、総合口座開設時にデビット機能を選択すれば利用できるようになります。すでにキャッシュカードを持っている方は、ゆうちょダイレクトでも手続き可能です。利用時にはキャッシュカード暗証番号の入力が必要になります。

 

日本独自のJ-Debitだけ付帯

ゆうちょ銀行ではVISAやJCBのデビットカードは作れません。ただし、日本国内だけで使えるJ-Debitは付帯しています。J-Debitサービスは、小売店などでの買い物に使えます。キャッシュカードをそのまま使うことができ、代金は口座から即時引き落としです。

 

現金をATMで引き出す手間が省けるなど、便利な点もあります。利用方法はブランドデビットとほぼ同じですが、気になる点もあります。

 

J-Debitの気になる点

J-Debitに加盟している店舗は全国45万か所以上となっています。ブランドデビットでは、VISAは300万店(日本国内では、複数のクレジットカード会社と契約している店舗がほとんどのため、合計しても正確な数値が出ません。概算となります。)

 

JCBなら1,000万店ほどの加盟店があるといわれています。このようにJ-Debitは使えるお店の数では、ブランドデビットの比較になりません。

 

またJ-Debitはほとんどの銀行のキャッシュカードに付帯しているサービスながら、知名度があまりありません。加盟店のレジ担当者であっても、J-Debit決済の方法をわからないというケースも起こりえます。スムーズに支払いを終わらせるつもりなのに、余計に時間がかかってしまう結果になりかねません。

 

他にはポイントを貯めることができず、ブランドデビットのようなキャッシュバックや商品、マイルなどに交換するメリットもないのです。

 

海外利用やネットショッピングもできない

またブランドデビットは国内だけでなく、海外でも使えます。ショッピングだけでなく、ATMを利用して現地通貨を引き出せます。J-Debitはもちろん日本国内でしか使えません。海外のATMを使うこともできないのです。

 

他にもネットショッピングもJ-Debitならできません。とにかく使えるシーンは限定されています。

 

デビットカード利用のために、ゆうちょ銀行口座を作るのは意味がありません。もともとゆうちょ銀行口座を持っていた方が、提携ATM利用での手数料(108円から216円)を抑えるためにJ-Debitで買い物をする程度しかメリットがないからです。それもJ-Debit加盟店でないといけないという前提もあります。

 

同じデビットという名称ですが、使い方は大きく違っています。海外や、ネットショップでも使いたい、ポイントなど少しでもお得なほうがよいならブランドデビットを選ぶのがベストです。