審査なしだからデビットカードは持ちやすい

審査なしだからデビットカードは持ちやすい

デビットカードはクレジットカードと違って審査なしで作れます。クレカの条件を満たさない方も申し込めますよ。VISAやJCBが発行するブランドデビットカードなら、世界中の加盟店でのショッピングや、ネットショッピングに使えます。

 

また海外旅行時に現地通貨を自分の口座から引き出すため、両替にわずらわされることがなくなりますよ!

 

どうして審査なしでもデビットカードが使えるようになるのか、また本当に審査なしで誰でも持てるのか、落ちたという例外はないのかなどを検証してみましょう。

 

デビットカードに審査がない理由

デビットカードに審査がない理由は、クレジットカードでなぜ審査を行うのかを見ればわかります。クレジットカードは後払いです。なぜ購入した時に支払わなくてもよいのでしょうか?それは、クレジットカードを発行している会社が、立て替えをしていることになるからです。

 

クレジットカード会社が立て替えた後、もしも支払いがされなかったら損失となってしまいます。当然カード利用者を審査して、収入が安定しているか、利用歴もあるか、過去に金融事故を起こしていないかなどを確認する必要があるのです。

 

デビットカードは、カードを使って購入したそのときに、銀行口座から利用額が引き落とされます。

 

銀行は立て替えすることなく、口座残高がなければ、購入できません。そのため審査なしでも発行する銀行にはリスクがないのです。

 

本当に審査はないの?

審査がないデビットカードですが、検索していると「デビットカードを申し込んだのに作れなかった…。」という情報を見かけることがあります。

 

本当に審査なしなら、デビットカードを持てないことがあるのはなぜでしょうか?

 

銀行口座を開設できないとデビットカードは持てない

デビットカードは銀行口座にある預金残高を、決済時に引き落とす支払い方法です。そのため、絶対に銀行口座がないとデビットカードは作れません。多くの方は銀行口座を作れないということはないでしょうが、一部には開設を断られてしまう方もいます。

 

たとえば、

  • 本人確認書類を準備できないため本人確認ができない
  • 住所がない
  • 犯罪に口座を利用されたため凍結されている
  • 地方銀行の営業エリア外で勤務や在住している
  • 反社会勢力

などといった場合には、銀行口座が作れない可能性が高いでしょう。

 

実はこのデビットカードには審査がある!!

デビットカードに審査はないという前提に立っておいて間違いありません。しかしごく一部ですが、審査を行うデビットカードもあります。

 

たとえば、イオン銀行のデビットカードなら、バックアップサービスがあり、口座残高不足時には10万円まで立て替えがあります。立て替えがあるので、デビットカードでも審査を行うため、審査に通らない方もいるのです。

 

他にもスルガ銀行も、口座開設やカード入会について希望に沿えない場合もあるとデビットカードのサイトに記載されています。

 

総合的な判断で、デビットカードの発行が決められるため、独自の審査が行われると考えてよいでしょう。

 

基本的に、審査なしだからデビットカードは持ちやすいと考えてよいのです。ただデビットカードでも各銀行が様々なサービスを展開しており、その中で審査が必要なケースもあるということです。

 

審査なしを明記している銀行は?

クレジットの審査に関して不安がある方は、デビットカードであっても「審査なし」と明記されているものを選ぶほうが確実でしょう。審査なしとサイトに書かれているデビットカードには、

 

  • JNB Visaデビットカード(ジャパンネット銀行)
  • 楽天銀行デビットカード
  • Sony Bank WALLET(ソニー銀行のVisaデビットカード)
  • セブン銀行デビット付キャッシュカード

 

などがあります。

 

現時点では審査やそれに関するものが行われると確実にわかっているデビットカードは、イオン銀行とスルガ銀行のものです。ただ、審査に関して特に記載がないデビットカードもあります。

 

これに関しては、審査が行われているのか、それとも行われないのか申し込む側は判断できません。スペックや使い勝手で「どうしてもこのデビットがいい!」なら、申し込んでみるしか方法はないのです。

 

これまでの銀行との取引なども重要です。すでに口座を開設済みの銀行にデビットカードを申し込むのは、少なくとも口座開設の条件はクリアしているので、かなり作りやすいといえるでしょう。