クレジットカードとデビットカードどっちがいい?

クレジットカードとデビットカードどっちがいい?

クレジットカードとデビットカードの利用手順はほぼ同じです。レジでカードを使って決済する、ネットショッピングならカード番号や有効期限といった必要項目を入力するなど、購入時にすることは変わりません。

 

ですが、支払いのタイミングと回数、ポイント還元、特典など歴然とした違いがあります。

 

ペイメントカードを持ちたいと思ったときクレジットカードとデビットカード、どちらを作るのがよいのか迷うかもしれません。それぞれのメリットや特徴を見ておきましょう。

 

デビットカードとクレカ最大の違いは支払いタイミング

デビットカードとクレジットカード最大の違いは、支払いのタイミングです。

 

  • デビットカードは即時払い、つまりカードを使ったときに銀行口座からお金が引き落とされます。
  • クレジットカードは各社締め日と支払い日が決まっています。

 

分割払いや、ボーナス払いなども利用でき、支払いのタイミングを遅くすることも可能です。

 

デビットカードのメリットは、口座残高分が限度額となるため使い過ぎない点です。ただこのメリットが、すぐに手元にある金額分しか買い物できないデメリットにもつながってしまいます。

 

クレジットカードは、デビットカードのデメリットである点を補い、後払いが可能です。しかしそのせいで、支払える額以上の買い物をしてしまい、支払い不能に陥るおそれもあるでしょう。

 

使いやすさは五分五分!

デビットカードは使いにくいという先入観を持っている方も多いでしょう。確かに日本国内のみで使えるJ-Debitは加盟店もあまり多くありません。ネットショッピングもできないので、クレジットカードに比べるとはっきり言って使いにくいです。

 

しかし、VISAやJCBのブランドデビットなら、クレジットカードと同じ加盟店で使えます。同時決済ができないガソリンスタンドや機内販売など、ごく一部で使えないところもありますが、利用範囲に大きな相違はありません。

 

ブランドデビットなら、ネットショッピングもできますし、海外でのショッピングや現地通貨引き出しも可能です。デビットカードがクレカより格段に使いにくいということはありません。

 

クレジットカードを作れない場合はデビットで解決!

クレジットカードは、発行クレジット会社によって違いがあるものの、満18歳からが申し込みの下限年齢であるものがほとんどです。高校生の方などは当然申し込みできません。

 

しかし、デビットカードなら満15歳または16歳から申し込めます。

 

クレカの年齢条件を満たせない方がカード支払いをしたいなら、デビットカードを作るしかありません。また、延滞などを理由にクレジットカードの与信審査に通らないかたもいるでしょう。そんな場合も、デビットカードなら作れます。

 

デビットカードは、銀行口座の預金残高が使える限度額となるため審査なしで利用できるようになります。(口座残高不足の時に立て替えるシステムがあるデビットカードでは、審査が行われます。)

 

還元率ならやはりクレジットカード

クレジットカードのシェアが広がり、複数枚所有する方も多くなっているのには、ポイント還元のお得さも理由にあるでしょう。クレカの還元率は低いものでも0.5%からです。平均的に1.0%程度から1.5%のものが多く見つかります。

 

さらに指定されたショップでの利用で還元率が3.0%や4.0%、さらにもっと上がるクレカも少なくありません。

 

デビットカードは0.2%~0.5%程度の還元率が一般的です。

 

1.0%還元率の楽天JCBデビットや、セブンイレブンで使うと還元率1.5%のセブン銀行デビットカード(JCB)もありますが、クレカに比べるとやはり低いですね。

 

保険や補償にも違いが

クレカでは旅行時の補償は充実しています。別に旅行保険をかけなくても、手厚い補償が付いているものも多いですね。さらに優待のサービスや、海外でのコンシェルジュデスクやサポートなども充実しています。クレカを持つだけでステイタスという時代ではなくなっていますが、持っていればお得になるメリットも多々あるわけですね。

 

デビットカードなら、旅行保険はついていないものがほとんどです。デビットカードで買い物した商品が破損した場合に補償されるショッピング保険はついているものが多いですが、けがや疾病の補償は期待できません。

 

クレジットカードのデメリットを補う部分もあるデビットカードです。しかしデビットカード自体にポイント還元のように、デメリットと感じる部分があるのは否めません。支払いのタイミングは、使い過ぎたくない方にすればデビットカードは理想的です。

 

しかし、今すぐ欲しいものがある、お給料日やボーナス日以降に支払い日を調整できるクレジットカードを使えば確実に買えるといったケースもあります。こういった使い方は、デビットカードではできませんね。

 

デビットカードとクレジットカード両方持てる方なら、支払いのタイミングとポイント還元なども考慮して、これまで現金を使っていたものをデビットカードにまとめるという方法もあります。買い物する金額などで使い分けてもよいでしょう。

 

また年齢的にクレカが持てない方もデビットカードで問題は解消します。他にも初めてペイメントカードを使う方などは、まずデビットカードで慣れるのもおすすめです。